MENU
鳥取県から日本海と湖山池の恵みを全国へ

【商品情報】 えびノ干シ塩のコーンのおにぎり

前回に続きえびノ干シ塩を使った、簡単レシピをご紹介します。
前回の玉子スープより更に簡単です〜。

今回は、お子さまも好きなコーンを使ったおにぎりですv(^ ^)v
えびノ干シ塩は、大人のお客様には好評ですが、小さなお子様だと、えびの風味が濃厚故に食べづらさをかんじてしまう、というご意見をいただきました。
そんなわけで「子どもも食べやすいレシピ」をご紹介します〜♡

◯えびノ干シ塩のコーンのおにぎり
〜材料〜
・えびノ干シ塩:小さじ2くらい(お好み)
・ご飯:お茶碗2膳分くらい
・コーン缶(とうもろこしの缶詰):適量

〜作り方〜
①炊いたご飯をボウルに入れ、えびノ干シ塩をいれ全体にざっくり混ぜます。混ざったらコーン全てを入れ、さらに混ぜます。
※コーンは茹でる必要があれば茹でたものを使用してください(パッケージの調理法を確認してください)
②小さめのボールまたはお茶碗にサランラップを敷き、①を適量よそいラップごと握ります。
三角にしても、丸型おにぎりでもOKです!
※ラップを使わず直接手で握ってもよいですが、ラップを使うと子どもも握りやすいです。

以上です〜!
えびノ干シ塩と白いホカホカご飯、コーン缶があればできちゃいます。
うっすら、えびノ干シ塩で曙色のご飯と、コーンが彩りもキレイで食欲をそそります。
お弁当にもピッタリです!

えびノ干シ塩の原材料である「ぬかえびの魚醤」は元々、湖山池周辺の農家の方たちがお仕事の合間に食べる塩むすびに、お塩代わりとして使われていました。昔は塩や砂糖は貴重だったのです。
汗をかいた後の塩分補給として、塩むすびは理にかなった最適な一品でした。

「ぬかえびの魚醤(ぎょしょう)」もとっとり市でお取り扱いしておりますので、こちらもチェックしてみてください(^^)
【ぬかえびの魚醤】
https://tottori-ichi.jp/item_view.php?id=1675

【商品情報】 簡単レシピ!優しい味わい、えびノ干シ塩の玉子スープ

皆様から、「ホームページやレシピブックに掲載されている以外のレシピを、知りたい」というリクエストをいただきましたので、とっても簡単なえびノ干シ塩を使ったスープをご紹介しますー!
材料は、えびノ干シ塩と卵だけ!どうです簡単でしょ?
調理時間は5分もあればできてしまいますので、朝食やおかずがもう一品欲しいときなどにお役立てくださいね〜v(^▽^)v

◯えびノ干シ塩の玉子スープ
〜材料〜
・えびノ干シ塩:小さじ1 から 1と1/2(お好み)
・水:400cc
・顆粒和風だし:小さじ 1/2
・卵:1個

〜作り方〜
①鍋で水を煮立たせます。
煮立ったら顆粒和風だしを入れます。
②味をみながら、えびノ干シ塩を加えます。
※えびの風味が少し薄いかな?と感じるくらいで丁度よい。
③卵を割りほぐします。②を菜箸などでかき混ぜながら、溶いた卵をゆっくり流し入れます。
この時、卵を少し高い位置から流し入れることで、卵がふんわり仕上がります。
④沸騰する直前で火を止め、器に盛り付けます。
最後にえびノ干シ塩(分量外)を一振りすると、風味と色が足されて美しい。

以上です。簡単でしょう?
④の一振りは、味見してみて味が十分であれば無くてもよいです。顆粒の和風出しの分量はえびノ干シ塩をとの合わせ出汁になるので、少し薄いかなというくらいの分量で丁度良いです。

【お知らせ】 今年も鳥取で「松葉がに」が解禁しましたー!!

ついに今年も松葉がに漁が解禁し、7日初競りが行われました。

全国的にかにの水揚げ量が減少しているため、例年より価格は上がっているようです。
そして鳥取市賀露港(鳥取県漁業協同組合賀露地方卸売市場)では、五輝星という鳥取県のブランドがに、なんと200万円の高値がつき、全国でも過去最高額だったとか・・・。
1枚 1.28kg、甲羅の幅146mmだったとか!大きいですね〜!!
幸先の良いスタートとなり、市場は活気に満ち溢れていました。

とっとり市うまいもの市場は今年も松葉がにを取扱いますので、毎年購入してくれている皆様、かにが大好きなそこのあなたも、もうすこしおまちください〜!

【特選とっとり 松葉がに五輝星(いつきぼし)とは?】
2015年から「とっとり松葉がに」のうち、「大きさ・品質・型」ともに最上位の松葉がにを、鳥取ブランド【特選とっとり松葉がに五輝星】として販売。
以下の5つの基準に基づき厳し識別します。
①大きさ:甲幅13.5cm以上
②重 さ:1.2kg以上
③形 状:脚が全てそろっているもの
④色合い:鮮やかな色合い
⑤身入り:身が詰まっていること
※昨年の実績では、水揚げされる松葉がにの中での出現率は「0.01%」!!

うーん、なんて希少なかにでしょう・・・。

ページトップに戻る
< トップページに戻る >